固定観念を捨てて

本格的なミラーレス時代となるならば、過去の固定観念や先入観を廃して新しいスチルカメラの有り方を模索べきだと思う。

アイレベルファインダーは・・・現在のミラーレスは一眼レフかライカのいずれかを踏襲した位置にファインダーがある。一眼レフは光軸上と言われ、ライカはスペース的に効率が良いということだろうけれど、一眼レフは左右で光軸だが、上下ではズレている。もちろん、ミラーボックス内のミラーでレンズ光軸から上へ導いてそれをペンタで正像にして見ているからだ。つまり、一眼レフの構造的な理由であの位置。だから、一眼レフの構造的な問題から開放されているミラーレスでは、やろうと思えば上下左右のレンズ光軸にファインダーを合わせたものも出来る。さて、その時は液晶モニターをどこにするかな・・・・。


_

[PR]
by oblivion2077 | 2018-08-03 13:35
<< クレイジーなオールドメディア V1で見た未来 >>