V1で見た未来

前記事でアホだバカだと貶したが、nikon 1 V1は大変気に入っている。Vシリーズでは最高だと思っている。V1を愛していると言ってもいい。だからこそ、V2以降で改良して欲しかったが、コンセプトがブレブレでV2、V3と進む都度にガラポン状態。ついにV4は発売されず、夢は潰えたのだった。

今までV2、V3の悪口さえ言う事はなかった。眼中に無かったからだ。実はV1は実用品と予備(保存用)の2台を所有している。V1のデザインはシンプルで飽きが来ない。バカでかいグリップも無いが持ち易く手にしっくりと来る。それに対してV2デザインの昭和感よ。V3デザインの凡作ぶりよ。V2はなぜあのようなグリップが装備されたか。誰かに奪われそうになってもガッチリ握っているから大丈夫(誰かに奪われるくらい魅力的という暗喩)ということか。実際はV1の営業的失敗は一眼レフを思わせるデザインではなかったから、という誤解からだろう。そしてV3はいよいよ失敗が許されない崖っぷちに立って、守りに入ったか。どこにでもあるような仕様でニコワンである必要を感じないモデルだ。


V1の営業的失敗により、撒きえさ的に多くの人に渡ったV1だが、それらユーザーの声を拾ったとは到底思えない。ただ安売りして損切りを行っただけとなって、折角の生の声を聞く前にV1のユーザーすら切り捨てるV2。追い討ちをかけるV3。V1の正常進化版ならV1の正規の販売価格10万でも納得だろう。


対して、今度の新型ミラーレスはフルサイズ。フルサイズであることの意味は、マウントアダプターで旧レンズを使う時に画角が変わらない事。その役割は既にソニーが抑えている。一眼レフDXフォーマットの最大の欠点はファインダーであって、一方、ミラーレスならFXでもDXでも違いが無い。DXの画質は良好で、かつレンズも小さく設計可能。一眼レフが主流であった時代はファインダー問題でDXに留まる事ができなかった。冷静に判断すればDXかそれ以下のフォーマットが全体のシステムとしてバランスが良いだろうが、結局は「フルサイズ」、一目でガッチリ握れそうな大きなグリップ、そして一眼レフっぽいデザインでなければ売れない、という現実の壁に当たって、今回の発表になったと想像する。


1インチフォーマットでボディがニコン FMくらいの大きさでレンズがコンパクト。ファインダーもFMのファインダーと同じくらいの見え具合。AFはサクサク決まり、シャープでキレキレ。こんなカメラに手が届きそうだった。少なくとも当時ニコンは1インチに未来を見ていたはずだ。初心者用J1、中途半端なV1なんかで小出しにせず、一発目で最高の1インチカメラを提示していれば、ニコンが考える未来とはコレだ、というカメラを最初に提示していれば、あるいは違った展開があったかもしれない。


しかし、価格コムのV1のレビューを覗いてみると・・・・V1は○○よりでかい、大きい、重い、という書き込みがチラホラ。○○にはソニーのアレやパナソニックのアレが入る。一眼レフがポケットに入らないからと言って文句を言うのかな。モノにはそのコンセプト(用途)に適合したサイズというものがある。V1は小さすぎだと私は思うのだ。その分、性能さえ確保できれば小さければ小さいほど助かるレンズのサイズをコンパクトにできるのだし。

どうやらニコワンが終了したのはニコンのせいだけではないのだろうね。




_



[PR]
by oblivion2077 | 2018-08-01 14:47
<< 固定観念を捨てて ニコンの新型カメラ >>