光学ファインダー存亡の危機

アカギコこと赤城耕一氏が言うには光学ファインダーの良さはキヤノンEOS-1XMK2とニコンD5以外で知ることが出来ないという。これは私も同感で、再三このブログで表明してきたし、実は90年代のAF時代から続く古い問題でもあることも記事にした。

ズミクロンをD4でMFするわけだが、フォーカスアシストは不要。スーッとピントを合わせることができる。D3300のマグニアイピースで拡大したファインダーでは、フォーカスこそなんとか可能でもMFの気持ち良さは皆無。D40ではそのフォーカスさえ出来ないスクリーンだったが、D3300のファインダーはやはり一眼レフで良かった、と思える見栄えではない。

ミラーレスに出来ない一眼レフの優位性はMFの気持ち良さにつきる。フォーカス部分拡大する機能は便利かもだが、決して気持ちよくは無い。ピントを合わせる仕事に過ぎない。でも、優れた光学ファインダーでのMFは、その行為自体が目的になるのではないか、というくらい気持ちが良い。もっと言えば、撮った写真よりもファインダー像の方が好き、なのだ。

D3300に見るに、DSLRの撮影する性能、機能は成熟している。無理に高度な機能は要らない。スローライフ的にMFが楽しいカメラがそろそろ欲しい。

せや、Nikon Df作ったろ。

今、光学ファインダーは存亡の危機にある。



_
[PR]
by oblivion2077 | 2016-11-29 17:19
<< VITESSA ソニーのデザイン >>