AF-S Nikkor 20mm F1.8G EDの性能2

先日、ちょっと遠出して20mm F1.8Gを使ってみたのだ。24mm F1.4Gと違って軽いので重量級のD4に装着して出撃なのだ。フードを含めると少しかさばるけれども、レンズとボディ合わせた全体の重心はD4ボディ側にあって余計にレンズが軽く感じる。撮影の負担にならないのは非常に重要で、これだけでも使用頻度は上がるというもの。シグマは重いので24mm F1.4G同様に結局持ち出すのが億劫になる。シグマ20mmを持ち出すくらいなら24mmを優先する。

a0304647_23331351.jpg


FXフォーマットで撮影すると、20mmの広い画角でありながら、素直な遠近描写なので無理がない。最近、広角といえばシグマの12-24mmを多用していた。12mmなんかは中央のごく一部以外は超広角特有のゆがみが酷くて(それが良かったりするのだが)建物風景は良くても人物を入れての撮影が出来ず汎用性がない。20mmだと開放感のある背景が自然に描写され、人物もそれほどゆがまない。

a0304647_23114966.jpg


せっかくのF1.8なので殆どをF1.8で撮る。絞ってF2かな。絞った内に入らないけど。開放で遠景を撮ってみると、前回報告した通り周辺まで破綻のない像を結び、周辺が流れることはない。かといってバキバキのシャープな解像ではないし、フレアっぽくなることなくきちんと解像する。これはシグマを思うと驚愕に値する。

中距離で人物を撮ると、大口径広角の本領発揮で、人物を程よくボケた背景の中に浮き立たせることが出来る。ボケがとても自然でなめらか。昔の新聞屋モノクロ専用のようなカリカリニッコールとは違うのだ。背景は広角20mmの画角により広い範囲で写り込むけれどもF1.8の浅い被写界深度によって輪郭が溶け、やわらかく、それでいて存在を失わない。加えて人物との親密さを伺わせるパースによって温かみのある構図となる。

なかなかいい!

シグマのじゃじゃ馬はむしろ平凡な絵(風景)をレンズのクセで一変させる。ある意味フィルター効果として見慣れた風景をドラマチックにするのだが、ニコンの20mmは本来の正統な大口径広角の性能によって心にしみるような描写を実現する。

最短撮影距離付近で食べ物を撮影。広角なのにマクロ的に撮影できる。だから、撮影距離と開放F1.8とあいまってやわらかいボケがここでも活躍する。食べ物の見せたいところはシャープに描写し、皿やテーブルをボケの中で描写しつつ主役を引き立たせる。

いくら広角に乏しいDXとはいえ、このレンズをDXでのみ使用するとしたらとてももったいない。このレンズを購入したDXユーザーは運命だとあきらめてFX機を購入すべきだ。
[PR]
by oblivion2077 | 2015-10-14 17:58
<< SIGMA 20mm F1.4 ミラーレスカメラで映画の描写を >>