本当にペンタプリズムは重いのか

一眼レフの命たるペンタ。ここの性能がコストダウンの対象となって劣化しているのは再三書いてきたし、多くの趣味人が実感していることだろう。趣味人以外に伝わらないことがこの傾向を維持させている原因の一つであるけれども、趣味人の中にもカメラの重量問題と関連させてペンタダハミラーに理解を示す人もいる。ペンタプリズムはガラスの塊故に重いのでカメラ重量が増える、という主張だ。

本当にペンタプリズムは重いのか。

実際に計測してみた。
計測したのは、ニコンF3用のアイレベルファインダーDE-2のもの。
プリズムのみ取り出して計測する。実は壊れたファインダーから取り出したものを保存していたのだ。
これは約60gという結果。
もうひとつ、ニコンFEのペンタプリズム。これもジャンクボディから取り出して保存していたもの。
こちらは約45g
これは重いのか軽いのか。

D5500がD5300に対して軽量化した重さは約60g。D5500の軽量化をひとつの売りとして努力した結果の60gに対しペンタプリズムの60gは重いように感じられる。D5300に対して約12%の軽量化を無にする重さと言えばペンタプリズム採用に躊躇も理解してしまうかもしれない。でも、D5500はD3200よりも軽い。そもそもD3200は軽いのだ。これよりも軽いD5500はウソみたいに軽い。軽すぎるといってもいいくらいだ。相対的な重量ではなく、絶対的な重さとして十分軽い。そこからさらに60g軽くしたのなら、劣化しまくったファインダーを回復した方が良いように思われる。なぜなら何度も言うが、ファインダーの見え具合が一眼レフの命だからだ。

カメラとして進化の途中にあるミラーレスは、そのファインダーも日々進化している。一眼レフユーザーを取り込みたいのだ。一眼レフは攻撃に晒され、このままだと駆逐される運命にある。それを許しているのは、ファインダーに対するメーカーの姿勢であって、もはや技術の問題ではない。

ペンタプリズムを乗せても重量面では負荷にならない。この事実をベースに今後の方向性を考えるべきだ。
[PR]
by oblivion2077 | 2015-09-13 15:31
<< AF-S Nikkor 20m... フレーミングの探求 >>