Nikon FE

a0304647_9294591.jpg

Nikon FEは実にF3よりも使いやすかった。フィルム時代には最も長く愛用していたと思う。高機能で便利だったT90に対してシンプルで小さくて軽い。それがFEであった。華奢で弱弱しく、シャッターも最高速1/1000秒で動作もゆるい。絶対に壊れないという信頼もない。しかし、気楽に連れ出せて気負わずシャッターを切る。それをジャマしないシンプルな機能。

a0304647_929643.jpg

絞り優先AEと中央部重点平均測光、そして露出補正やMEを判断しやすい追針式の露出表示。

これだけ。
何の不満も無かった。

a0304647_9291578.jpg

2代目のFE2が一時的に人気が出て中古価格が新品価格を上回る高騰を見せた事があるけど、FE2のシャッターは生き急いでいる。テンションが高いのだ。やはりゆるいFEが良い。
a0304647_9294629.jpg

70年代のニコンはシリアルナンバー横に機種名がひっそりと刻印されていた。
FE、FM、EL、そしてF2
キヤノンF-1の影響で80年代より派手に機種名を掲示する慣習が定着したがバルナックライカやM2、M3時代の刻印が人気なことからわかる通り刻印の文字デザインと配置は重要だ。コルトGMのスライドに刻まれた文字やS&Wのサイトプレートに刻印されたSWのトレードマークなどは見とれてしまう。

今ではプリント印刷となって何だか味気ないが、そもそものボディデザインが刻印との相性は皆無だから仕方がない。しかし、クラカメ風カメラを作るなら、刻印は重要だと知るべし。
[PR]
by oblivion2077 | 2014-08-26 09:34
<< Nikon F2 裏蓋開閉ノブ 存在 >>