一眼レフ衰退後の世界

デジタル一眼レフが衰退して、本当にライカのような高級品のみが残るとしたら・・・。やはり数機のボディでは現在の膨大で高度なレンズシステムを維持できないだろうから、ライカみたいにMFが都合がいいのだろうか。MFに逆戻りしてしまうのだろうかね。

ライカ的に割り切って使うには、20mm、24mm、28mm、35mm、50mm、85mm、105mm、135mmくらいあれば問題ない。それ以外は主流となるミラーレスが現在の一眼レフ並みにシステムを充実させているはずだから、そちらを使えばよい。MFの8本ラインナップなら維持できるだろう。

そうなると、現在のDfで感じるような「多くのDSLRの中からあえてクラシックなデザインをレトロ趣味で使ってます」みたいな後ろめたい感覚は無く、一眼レフ(という形態)にこだわってます的なスタンスで使える。丁度、今の「フィルムにこだわってます」的な”クラカメ使い”に共通するだろうか。

それならば、デジタル版のFとF2を造ってほしい。もちろん、ウラブタと本体の隙間やプレスの甘さから来るデザインのユルさをブラッシュアップして精悍なものにするのが前提だ。あくまで現代版としてF,F2リブート。

単機能で軽くてほどほどに小さい。質感も抜群でそれ自体がファッションアイテムにもなる。そして、MFしやすく明るいファインダーでゆっくりと撮影する至福の時間が待っている。

それはデジタル版Fボディの代金90万円の支払いを忘れさせてくれるはず・・・。

_

[PR]
by oblivion2077 | 2014-05-29 17:14
<< Ai Nikkor 28mm ... 一眼レフの終焉 >>