Nikomat FT3

a0304647_0462461.jpg

Nikomat FT3発売からNikon FM発売までの期間が短く、数が少ない。中でもブラックボディが希少らしいが、そこはNikomat、クラカメブームの時代はともかく、今となってはプレミアが付くわけでもない。しかし、Nikomat FTと同じような価格で売られていたなら確保すべきだと思う。

ニコンのガチャガチャの代名詞たるNikomatも3代目となるとAi化されてスマートな現代カメラ(とは言っても古いのだが)となった。ふとAUTO Nikkorを装着したくなり、ハッと我に返る。Nikomatは巻き戻しクランクの横に露出計のメーター窓があるが、このメーター窓のクリア樹脂の取り付けがスマートではなく、真鍮トップカバーと面一に出来ないでいた。しかし、FT3は面一を実現し、スタイリッシュとなった一方、FMのフィルムカウンター窓はFTNのように突出している(手持ちの前期型FM。後期は知らない)。Nikomatなのに洗練されちまって・・・。都会に染まってしまった友を見るようでさみしい・・・、てこともない。

Nikon F以外はその他大勢のカメラと分類された時代に日本光学発売の普及カメラのNikomat。造りはそこらの他社カメラを引き離す品質であったが、FT3に至ってもやはりしっかりした造り。しかし、ペンタ周りのデザインはFT時代よりも明らかに劣化している。後に間もなく発売されたFMは華奢であったが、デザインは大きく洗練された。両方兼ね備えるのは難しいのかねえ。
[PR]
by oblivion2077 | 2014-05-09 00:59
<< Nikon フラッシュユニット Ai nikkor 135mm >>