Nikkor-Q Auto 1:2.8 f=135mm

a0304647_17133480.jpg
Nikkor-Q Auto 1:2.8 f=135mm
鏡胴設計でスペース効率が悪かったのか、Ai-sレンズに比べてかなり太い。
a0304647_22573417.jpg

大きさもさることながら、重さも結構なもの。このレンズは中古市場でNikkor Auto 200mm F4に匹敵する不人気なレンズで、5~6千円で売られていることが多い。この大きさと重さに加え、ローレットがメッシュパターンであることが敬遠される理由かもしれない。実際に重いのだが、見た目の太さから重そうに見えることで愚鈍なイメージを抱く人もいるかもしれないが、200mm F4と同じように、ミント状態のきれいな個体を見てみると金属鏡胴の造りや前玉枠のレンズぎりぎりに刻印された文字(今では映り込み防止の為に廃止されている)がカッコいい。
a0304647_1714157.jpg

人気が無いせいか、キズものもミントものも区別なく同じような価格で売られているので、根気よく探せば良好な個体を、Ai改で入手できる。個人的にはC付よりもC無しが好みで、鏡胴の造りが少し違うのだ。
a0304647_17141665.jpg


今ではカールツァイスくらいしか新製品を出さない135mmだが、かつては中望遠のエースであった135mm。このオートニッコールは絶対買って後悔しないカッコよさなのでお勧め。
a0304647_22571446.jpg

[PR]
by oblivion2077 | 2014-05-01 00:47
<< ズームレンズに驚愕 FMの優れたデザイン >>