ペンタックス ステレオアダプター

ペンタックス ステレオアダプターを評価する記事はいくつかあるが、標準レンズに52mmのフィルター枠で取り付ける簡易タイプであるが故に、手軽だが左右の像が歪むのが難点で、購入した後しばらく試写したくらいで仕舞い込んでいた。その歪みを補正するフリーソフトもあるが、使い勝手が今一で使わなかった。

でもよく考えてみるとフォトショのアクション登録でバッチ処理が楽チンであった。これで画像処理すれば画面全体が素直に立体視できる。ちょっとワクワクしてきたので花見を兼ねて風景を撮影に出掛けた。

装備はNikon 1 V1に18.5mm f1.8。これにステップアップアダプターを介してペンタックス ステレオアダプターを装着する。これでAEAFお任せでバシバシ撮影するのみ。

撮影後、PCで処理し、スマホに取り込んで観賞。素晴らしい。3Dがここまで手軽に楽しめるなんて。
[PR]
by oblivion2077 | 2014-04-06 21:55
<< 立体写真への道程 フォクトレンダー ウルトロン ... >>