Nikon D600

FXに統一するかDXと併用するか。あるいはミラーレスを導入するか。ずっと悩んでいるのだ。

ミラーレスはニコワンを使っていたがそのニコワンが今では衰退してしまいニコワンという選択肢は現在外れている。噂のニコンのミラーレスは未知数であるが、やっと重い腰を上げたところだろう。一眼レフに出遅れたライカのようだ。しかし、重い腰を上げたということはニコワンは終了でV4は登場しないとも取れる。あの中途半端な操作系では一眼レフのサブにもなれない。性能は良いのにコンデジ操作系なのにはガッカリなのだ。現時点で導入の選択肢に入るのはソニー一択だ。

D4を使ってみて、自分の撮影スタイルはどういうものかハッキリした。その上で機材を揃えるとすると、殆どの機種がオーバースペックとなる。D3300でも高機能なのにα9やらは機能てんこ盛りだ。使わない性能、機能に大枚をはたくのはD4で経験済みなので、いい加減に賢い消費者にならなければならない。

そこで中古市場を見渡してみるとD700が激安だ。5万を切っているではないか。登場時に年金で易々と購入して見せびらかせているニコ爺たちを思い出す。当時としてはニコン復活の狼煙であるD3のサブ機D3ジュニアとして大好評。玉数も沢山あるのだろう。フルサイズが5万を切るのか、と驚きだけれども、連射機であるD700の性格と発売時期を考えると手を出す気にはならない。では次の候補として挙がるのはD600,D610,D800あたりになるのだが、その中で群を抜いてお得感があるのはD600なのだ。

言わずと知れたD600のダスト問題。D3の反対でニコン不調の始まりであるこのD600は現在6万程度で販売されている。しかもダスト問題で殆ど使われていない個体も多いときている。新品価格でオイルダストが頻繁に現れては堪らない

a0304647_00580001.jpg
が、6万で新品同様なら自分で対応しようじゃないか、という気にもなる。そうして新サブ機はD600にターゲットを絞ったのだった。

いろいろ探してみて、ショット数2000程度の機体を確保。1万ショットぐらいシャッターを切るとダストも収まってくるという情報があるので2万ショットの機体も考えたのだが(耐久15万回だし)、無償メンテナンスも受けられるので前者を選んだのだった。

D600に実際に触れてみると・・・意外に軽い。小さい。自分には勿体無いくらいの高性能。ファインダーも見やすい。D3300のファインダーにマグニアイピースでだましだまし使っていたけれども、これで一気に解決。ファインダーが如何に大切か改めて思い知ることとなる。フォーカシングスクリーンの型も同じでレンズも違和感なく共有できるまさにD4のサブにピッタリだ。

ダストはまだ発生していないけれども、そんな不安も小さく軽いフルサイズに対するワクワク感が上回るので気にならない。こんな優れたカメラを6年前に発売したニコンは凄いと思うのだ。

a0304647_00580759.jpg


_


[PR]
# by oblivion2077 | 2018-06-12 11:32