V1の可能性

a0304647_17555655.jpg


実際に触れてみるとV1の革新性がよくわかるのだが、そんな優れたV1が食わず嫌いなまま不評を買っているのは残念なことだ。これはユーザーの先入観、保守性、そして実際に触らずしてネットの情報のみで判断する怠惰が招いたことだろう。一方で実際に使用した上での不評があり、それに対しては確かにニコンにも非はあった。

Nikon V1の操作ボタンはコンデジの操作系を採用し、入力は上下レバーや回転するホイールなど、初心者寄りにシフトしたインターフェースであり、DSLR中級機並みの価格で購入するユーザーを満足させるものではなかった。アイピースのセンサーも便利な一方でセンサーによるオンオフの微妙なタイムラグが撮影意識を削ぎ、撮影する度に撮影画像確認画面が表示され、撮影のリズムを完全に破壊してしまう仕様であった。

不満はある。しかし、今までの撮影スタイルを変える破壊力を秘めたシリーズである。肥大化した銀塩カメラをデジタルで引き継いだDSLRとは一線を画す、かつてのバルナックライカに通じる小型カメラの原点に立ち返る事の出来る、その為の性能を備えた唯一のカメラとして誕生したニコン ワンなのだ。必要にして十分な素子サイズによる小型化。一方で撮影をフルにサポートしてくれるAF、AE。CXフォーマットカメラの新しい撮影スタイルの提案を、従来の価値観で期待していたユーザーがそれを理解できなかった不幸によりV1は売れ残り、それが影響してか、次に発売されたV2はストロボを内蔵し、しっかり握れる大きめのグリップを装備したDX機のミニチュアのような、昔のネオ一眼のような従来の価値観に縛られたものに造られた。

ニコン V1のデザインは、F301以降に迷走しF5でEOS化した中でやっと手にしたニコン独自の普遍性のあるもので、これはライカのMシリーズのデザインに匹敵する。匹敵するとは言い過ぎかもしれないが、その可能性は十分に秘めていて後面のデザインと操作系を見直すことによって、シンプルで飽きの来ない、シリーズをとして継承するに値するデザインになる。そんな優れたデザインをあろうことかニコンのコアユーザーが嘲笑した為に後継機に継承されることなくV1一代で終わろうとしている。

しかし、ニコンV1祭りで多くの人にV1が手に渡った。これによってV1のデザインの良さに気付いた人が増えているように思われる。不満がある一方で新しい撮影スタイルを期待させる革新的な基本性能に気付いた人が多くいるように思われる。V2のような肥大化ではなく、V1を着実に正常進化させたV1の正式な後継機を見てみたいと強く思う人々が増えているように思う。
[PR]
# by oblivion2077 | 2013-08-25 17:55