<   2016年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Ai nikkor 35mm F2.8S

a0304647_23441227.jpg

nikkor 28mm F3.5と並んで地味なスペックのレンズ、地味レンズのひとつ。
a0304647_23442042.jpg

Ai-Sタイプの鏡胴は質感も高く、洗練されたデザインで、スペック上の地味レンズも高級感はある。
a0304647_23442928.jpg

F値のカラーリングも良い。
a0304647_23443634.jpg

かつては全部メイド イン ジャパンだったのだ。





_
[PR]
by oblivion2077 | 2016-05-23 23:48

世界からフィルムカメラが消えたなら

a0304647_2350926.jpg

世界から猫が消えたならという映画の予告にNikon FM2と思われるカメラが登場している。そう、あのカメラは世界で最も美しい一眼レフの一つ。その兄弟カメラのFEがこれ。

a0304647_23495639.jpg

FM2は中級機。FGとかEMがエントリーで、FE、FMが中級、FAがハイアマ、F3がプロ用だった。このなかで最も美しいのがFMだ。

基本的な性能が備わっていれば、美しいカメラを使いたい。美しい写真を撮りたいと願うのに使う道具がダサいとテンションが下がる。当時のニコンは写真学校生徒が使うマニュアル機に最高のデザインを与えた。

今、あのデザインでデジタル撮影が出来るならどんなに幸せだろう。



・・・Dfは無しね。



_
[PR]
by oblivion2077 | 2016-05-23 00:00

NIKKOR-Q・C 1:3.5 f=13.5cm Nippon Kogaku Japan

a0304647_23441412.jpg

ニコン レンジファインダーカメラ用Sマウントレンズ。この時代のレンズは真鍮削り出し鏡胴だったりするので、そのサイズから想像できないほど重い。レンズエレメントのブロックも大きく、ガラスの塊り。ゆえにやはり重くなる。

a0304647_23442383.jpg

しかし、その質感は現代の樹脂製鏡胴を寄せ付けない高級感がある。




_
[PR]
by oblivion2077 | 2016-05-22 23:48

道具たるカメラは

a0304647_23421426.jpg

カメラは写真を撮影する道具。優れた道具はそれを使う者の感性に訴えかけて結果に影響を及ぼす。

手と道具は密接な関係にあるがゆえに、カメラ写真に手を写り込ませたい衝動がある。




_
[PR]
by oblivion2077 | 2016-05-12 23:44

Nikon F

当時世界を席巻していたライカに対するアンチテーゼとして直線を基調としてデザインされた。
a0304647_1465399.jpg


時代を超えて感動させるモノが存在する。
a0304647_1462215.jpg





_
[PR]
by oblivion2077 | 2016-05-08 01:48

Nikon F5

a0304647_2340402.jpg


a0304647_2341151.jpg

[PR]
by oblivion2077 | 2016-05-02 23:41

Ai nikkor 28mm F2.8s

a0304647_22382814.jpg

最短撮影距離が20cmと短く撮影倍率は2.5倍で、このレンズについてはセミマクロのような使い方が良く話題となる。

a0304647_22384580.jpg
フィルター枠52mmとコンパクトで描写も好評。このレンズの悪口はほとんど聞いたことが無い。

a0304647_22385790.jpg
28㎜はF3.5ばかり使っていたが、このレンズに出会ってからはこちらにシフトした。楽しいレンズだ。





_
[PR]
by oblivion2077 | 2016-05-01 22:39

Zoom-NIKKOR 28~45mm 1:4.5

a0304647_0265456.jpg


ニコン初かつ世界初の一眼レフ広角ズームレンズ。焦点距離は控えめの28~45mmでF値も暗く4.5。現代レンズに及ぶことは無いがプロ用としてディストーションも抑えられていて性能は高い。

a0304647_027256.jpg

高級ズームレンズで発売当時約10万円。光学性能を保証するエレメント製造コストに加えて外装たる鏡胴にもコストがかかっているので質感が良い。

a0304647_0271172.jpg

歴史的な意義を感じながら撮影すること以外は持ち出す理由が無い為に自宅待機が常態化しているが、所有欲は十分に満たしてくれる一本だ。



_
[PR]
by oblivion2077 | 2016-05-01 00:27