ゲームチェンジャー

ソニーの新型ミラーレスの発売発表以降、ネットでニコンの今後について議論が活発になっている。これは、本格的にミラーレスが一眼レフを超える機能、性能を持っていよいよ一眼レフの終焉が近づいたのではないか、という感覚から来ている現象と思われる。実際、過去記事の「一眼レフの終焉」へのアクセスがここのところ増えているのだ。

「一眼レフの終焉」を書いたのは2014年だけれども、3年を経た今も記事の内容を変更修正する必要はない。ミラーレスは構造的にデジタルカメラとして優位であることはゆるぎない。しかし、一眼レフはデジタル化され、DSLRとして成熟しきった。高性能でシステム性やレンズも豊富で依然としてカメラの頂点に君臨している。新しさはないが完成されたカメラなのだ。そう簡単にミラーレスの入る隙はないはずなのだ。

だが・・・

今回のソニーの新型はゲームチェンジャー足る機能と性能を備えているように思える。もちろん、カタログスペック上での話しなので、今後、オリンピックに向けてプロの厳しいテストを受けることだろうが、やはりインパクトは強い。

ソニーの新型はデジカメの新しい時代開き、新しい地平線を開拓するものであると思う。まずはその船出を称えたい。


_

[PR]
# by oblivion2077 | 2017-05-25 14:39