DX35mmはD4で使えるか

DX nikkor35mmをD4で使用するには専用フードはもちろん保護フィルターも外す必要があるようだ。保護フィルターを着けたままで撮影すると写真周辺がケラれてしまう。絞り開放では周辺光量低下のようにも見えるが絞っていくとフィルター枠がハッキリしてくる。前回の記事でイメージサークルと思ったのはフィルター枠によるケラれだったのだ。

ではフードとフィルターを外すと全て解決かと思いきや、今度こそはイメージサークルの影響が周辺画質に現れる。イメージサークルの小ささの影響は絞りを絞るにつれ小さくなる。周辺光量低下を抑え、画像の流れも小さくなる。でも使いたいのは絞り開放のボケとシャープな決像。絞ったら35mm F2Dでも良いはずだ。

DX35mmの絞り開放は撮影距離や被写体が明暗で印象が変わる。FXでもイケるじゃないかと思える場合と周辺が使えない時が有るようだ。遠景はまず使えない。その場合は絞れば解決だし、主旨に照らしても矛盾しない。中距離から近景ではそうはいかない。像が安定しない事にはやはり一発本番の旅行先での撮影には使えないだろう。

う〜ん、DX35mmは35mm F2Dの代替とするには無理であった。オールドレンズ的なクセを楽しむような撮影なら有りだと思う。
[PR]
by oblivion2077 | 2018-01-13 16:13
<< Canon T80という遺産 ダークホース登場で >>