SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

近年で最もブランド戦略の成功した企業のひとつとして認識されるシグマ。Artラインはブランドとして定着し、ラインナップも充実してきている。シグマ ブランド戦略の中心となるArtラインの先駆けとなるレンズと言えばこの50mm F1.4 EX DG HSMだろう。

ともに2008年に発売されたシグマ 50mm F1.4とAF-S Nikkor 50mm F1.4G。ニコンの開発者は雑誌インタビューでは非球面レンズの弊害を考え、旧レンズのガウス構成に1枚の補正レンズを加える事でコマ収差を抑えたという。一見してのシャープな描写よりもボケや近距離性能などをバランスすることを重視し

一方のシグマは絞り開放での鮮鋭さに拘った。これは従来の標準大口径レンズの特徴であるフレアによる描写の甘さを取り去ること。決して解像が甘いわけではなく、解像の芯の周りに纏っているフレアがコントラストを落として軟調になるのだけれども、各社発色の違いはあってもその程度の差こそあれ、軟調であることが普通であった。これを非球面レンズで取り去ることを選んだのだった。

これがデジタル時代のユーザーに歓迎された。心配されたボケ味も自然で滑らかだったので、新時代の50mmレンズとして評価されたのだ。確かに、フォーカスしたところはシャープで抜けが良く、アウトフォーカスにしたがって大きくボケる。望遠系レンズに見る描写が標準レンズにあって新鮮に映った。その仕様も特徴があり、77mmのフィルター枠を持つ大型前玉で重量も500gを超えた。その姿からも性能優先を感じさせ、「標準キットレンズ」の枠に囚われない発想を体現していた。


そう、ズームレンズ全盛となった今となっては過去の概念となった50mm標準レンズ、ボディとセットで販売される安価な大口径レンズ、という固定概念を捨てたレンズだったのだ。このレンズの評価が後のArt 50mm F1.4 DG hsmに繋がったと言える。

一方、ニコンは58mm F1.4Gを発売。こちらはバランス型で玄人好みであったが、多くのユーザーにシグマのテイストが支持され、105mm F1.4Eにおいて方向転換された。

a0304647_21572457.jpg

レンズ鏡胴のデザインは、Artシリーズの予感させるシンプルな構成。フードはやや野暮ったいが、以前のシグマとは一線を画すデザインとなっている。ただし、随所のレタリングがデザインを殺しているのだ。


_


[PR]
by oblivion2077 | 2017-03-18 21:59
<< Ai Nikkor 35mm ... COLT ガバメントとニコン F3 >>