NIKKOR-N auto 1:1.4 f=35mm Nippon Kogaku Japan

35mm F1.4に興味を持ったのはサンダー平山氏の雑誌記事がきっかけであった。その35mm F1.4はミノルタのレンズで、開放でのキレとボケが素晴らしいとの評価で50mmとは違った自然な画角も評価されていた。
その頃の私の認識では35mmはF2.8が普通で絞って使うものだったので開放F1.4なんて金持ちの道楽だと思っていた。その35mmにおいて35mm F1.4の大口径広角を積極的に評価した記事を読んで軽く衝撃を受けたものだった。

そんなだから当時はミノルタの35mm F1.4が欲しくてたまらなかった。だけど、ミノルタには欲しいボディがないので諦め半分だった。

しばらくして写真から離れていたのだが、デジカメとの出会いで再燃。並行してNikon F2を入手すると中古カメラやレンズの収集にハマる。そんな中でNikkor 35mm F1.4の評価にネットで触れる事があった。開放F1.4の描写に強い個性があってカリカリに解像しているのにふわっとベールを纏う。普通に見ればソフトフォーカスレンズだけど、あくまで大口径球面レンズの過剰補正によるフワフワ描写なのだ。
しかし、1段絞ればフワフワが消え、キレッキレのシャープな像となる。このサンプル写真がネットに上がっていて、ミノルタの記事とは真逆の衝撃を受けたのだ。それ以来、ニッコールの35mm F1.4を狙うわけだが当時はまだ現役感があって中古でも4~5万の値段だった。ノクト再来と言われたF-S 35mm F1.4Gの発売後は旧品、旧世代となるのだが、当時はMFレンズだけどニッコール35mm大口径ではオンリーワンの存在だったのだ。

しばらくして縁があってかAi Nikkor 35mm F1.4sを入手。SICの9枚絞りであった。開放のポワポワな描写は噂通りであることが確認できた。Ai Nikkor 35mm F1.4sの鏡胴デザインは洗練されていて全くスキがない。大きな前玉、後玉が52mmフィルター枠いっぱいに収まっているのも圧巻だが、微妙なテーパーがかかったピントリングはシャープさとボリューム感を兼ね備えた絶妙なバランスで、このレンズを使えばハイセンスな写真が約束される、そんな妄想も成り立つ優れたデザイン。
でも、結局もったいなくて持ち出すより眺めていることの方が多いレンズなのだった。

こんな素晴らしいレンズを所有してもなお、気になる存在があった。
a0304647_17074605.jpg
それは、元祖ニッコール35mm F1.4である ニッコール N オート 35mm F1.4なのだ。あの美しいAi-sのピントリングがオートニッコールのブコツな金属ローレットに置き換わる。武骨な中にあのフルートに刻まれた滑り止めの溝の規則性が工作精度の高さを彷彿とさせる。そして、古いガラス材ゆえに黄変しているが現代では製造不可能なアトムレンズの優れた性能。何か物語めいていて、洗練されたAi-sとは真逆の魅力を持つオートニッコールの35mm F1.4が欲しかった。

でもオートニッコールの35mm F1.4は我が環境下では見かけない。ネットでもあの黄変のせいか、見かけない。ヤフオクはウサンクサイのでやりたくない。よって、何年も探すこととなる。探し疲れて探すのを忘れたのだった。

探すのをやめた時、見つかる事も良くある話という歌詞を思い出すが、本当に不意に出会った。

初期ロットの9枚羽モノコートのオートニッコール。しかも思いっきり黄変している。
a0304647_1316.jpg

激しい黄変の為か、最近高騰気味のオートニッコールの半額以下で売っていた。しばらく銀塩カメラやMFレンズから遠ざかっていたが、これを見てしまったのが運の尽き。5分後には買い物袋の中だった。

その後、D3300に装着してファインダーを覗くと写欲が吹っ飛ぶ濃い黄色のファインダー像。遙か以前にどこかのサイトで読んだ黄変の除去方法を思い出した。黄変は改善できると。

購入時にはオートホワイトバランスだから何とかなるのでは、と思って買ったのだが、実際にファインダーを覗くとそんな淡い希望も木っ端みじん。試写した写真も補正しきれないほど黄色い事が証明される始末。なんとかせにゃ、となった。そこで、いろいろと調べると、紫外線が良いらしい。なんでもネイルアート用の紫外線ライトボックスに放り込んで放置すればきれいになるという。しかし、そのためだけに機材をそろえるのも腑に落ちない。よそのサイトでは日光浴を勧めている。日光に含まれる紫外線を利用するのだ。これならタダやんけ、と期待を持つ。日光による加熱に気をつけながら5~6時間日光をあびせたなら、少し黄色みが薄くなる。レンズの日光浴は時間がかかるし気を遣う。太陽の方向に向け続けるのが手間だし、加熱によるバルサム剥がれも怖い。

そうだ、紫外線ランプを買えばいいんじゃないか。

ライトボックスのような大掛かりなものでもなくて、熱帯魚用蛍光灯や電球型の紫外線ライトが昔からあったはず。早速ネットで探すと、便利なものがあった。

UV-LEDライト。ハンディライトかつ中国製なので安くてコンパクト。多くはレジンの硬化用に購入しているようだが、きちんと固まるという。ということは本当に紫外線を発していると判断。安い中国製を購入したのだった(これっきり使わないものにコストをかけたくなかった)。

手鏡の上に前玉を下にしてレンズを立てる。絞りはもちろん開放。エンドキャップを外して後玉を露出させる。安いコンパクトハンディライトの直径が丁度レンズの後玉と同じだったのでここに照射面を密着させて発光させる。UVライトの光は後玉から入射し鏡胴内を満たし、前玉を通り、下の鏡に反射。再び前玉から入射し鏡胴内を照らす。これによってUVライトの紫外線を余すことなくレンズエレメントに照射ができると考えたのだ。可視光線もかなり出ているので肝心の紫外線が弱い可能性があるので、その対策だ。
a0304647_132336.jpg

2時間くらい紫外線に曝露させていたら、スッキリ透明感が回復している。完全に黄色かぶりは取り除けないが、ファインダーを覗いても気にならない。写真を撮ってもオートホワイトバランスで補正可能だ。ただ、放射線を発しているので気をつけなければ。




.
[PR]
by oblivion2077 | 2016-04-07 01:04
<< Nikkor Auto 105... Nikon F2フォトミックS >>