Ai nikkor 135mm

a0304647_0151929.jpg

Ai Nikkor 135mmにはF3.5とF3.5S、そしてF2.8とF2.8Sがある。SはプログラムAE対応で絞りレバーの押し込み量がレンズ間で一定にする為に、鏡胴デザインはもちろん光学系以外全てを刷新している。よって、一見同じように見えても、じっと見ると似て非なるデザインだと気付く。

ズーム全盛の今となっては不人気な135mmをじっと見ることが無いのでAiもAisも区別しない人が結構いる。だから、比較的玉数の少ないAi Nikkor 135mm F3.5Sも非Sも同じような価格で売られたりしている。ちょっと前、まだ銀塩が使用されていた頃は区別されていたのだが。。。

135mmシリーズでF2のみ所有していない。痛恨だが、良品を安価で購入予定だったところ、金欠で(いや、105mm F1.8を購入したばかりで、連続購入は気が引けた)見送った。その後良い135mm F2に巡り合っていないのだ。

かつて、バブルの頃はサンニッパが憧れで、望遠レンズが注目であった。まだ日本のインフラがショボくてモデルの背景を思いっきり整理したかったのかもしれないが、今はむしろ高度に発達した東京の街並みなどは積極的に取り入れたい、となるとサンニッパをポートレートで使うなど考えられない。隔世の感を禁じ得ない。同様に135mmの活躍の場はどこへ・・・。数千円から1万円以内でキレっキレの画質を得られる中望遠はお買い得なんだがな。やはり便利なズームの焦点域に埋没してしまうのだよな。

普段、広角から標準までを多用するけれども、たとえばコンパクトな135mm F3.5をカバンに忍ばせておけば、イザというときに活躍してくれる。
[PR]
by oblivion2077 | 2014-05-09 00:37
<< Nikomat FT3 AF Nikkor 24-12... >>