Nikon F5 最後のプロ用銀塩カメラ

3台目のF5となる。

初めてNikon F2を購入したのは新宿のマップカメラだったが、そこで見たNikon F5の中古が8万円くらいであったのを覚えている。当時、”あのF5”が激安だと驚いたのだ。まだ、広くデジタルSLRが普及しておらず、フィルム一眼レフはまだなんとか現役の時代だったけれども、価格はかなり下がっていたのだ。

それから数年経ち、更に価格の下がったF5を購入した。当時の相場よりかなり安い物を買ったが、安い価格にはそれなりに理由があって外観はかなりヤレていたのだ。初めて購入したNikon F2も衝動買いできる価格の為やっぱりかなり傷んでいたが、それでもフラッグシップ機としての造りの良さに感動した。しかし、外装の傷んだF5にはそんな感動はわく事が無かった。そんなことだからしばらくして売り払ったのだ。そこから数年して、ヤフオクで再度購入。安く買えたが品を実際に見てみるとこれも傷んでいる。前ほどではないが、やはり感情移入できない。萌えないのだ。フラッグシップの威厳が感じられない為、こちらもすぐに売ってしまう。

2台目を売却して間もなく出会った個体がこれ。
a0304647_23285949.jpg

いつか程度の良い個体に出会えるだろうと楽観してはいたが、運命だろうか、売却から間もなく見つかった。キレイな外装が発売当時の威厳を保っていた為か、このF5をすっかり気に入ってしまった。マグネシウム合金ボディの塗装が痛むと、グレーの錆が現れて汚い。チタンの塗装が剥げても美しくない。F5はプロ機だけれども、汚く傷んだものには美しさが宿らない。これはマグネシウムボディのDSLRも同じだろう。ミント状態の3台目F5はカッコイイ。

F5はF4の保守的なコンセプトによりEOS-1に溝をあけられたことを教訓として満を持して発売されただけあって、最強の銀塩電子カメラとなった。ファインダーのキレとシャッターフィーリングはまさしくプロ機を名乗るにふさわしい。F4までとは異なり、縦グリップ一体型となって大柄に思われているが、実際はF4Sと変わらない。F4Eよりも小さいのだ。ましてやNikon D4よりも小さい。F5のサイズでFX機が出来れば欲しくなるくらいにコンパクトに見えるのだ。高度なメカがぎっしり詰まっている、そんな感じが持つ手にひしひしと伝わる。

F5はF4以前と異なり、現代デジタル一眼レフと同系統のデザインなので、コレクション的に敢えて購入する必要はない、と思っていた。古いDSLRを購入しないのと同じでF5も購入は必要ないと思っていた。D4を所有しているので、余計に「基本的に同種と言える電子カメラだから購入に意味は無い」と思っていたが、じっくり触り、よくよく見るとF5があったから現代のD4があるのだ、と実感できる。
a0304647_23293027.jpg

デジタルとなって更に肥大化した電子一眼レフ。それに対しては意外とコンパクトなF5。フィルム撮影するなら、絶対にF5を使いたい。
[PR]
by oblivion2077 | 2013-11-24 01:29
<< Nikon F5の操作性 28mm F3.5の最終形 A... >>