28mm F3.5の最終形 Ai nikkor28mm f3.5S

ついにAi Nikkor 28mm F3.5Sを入手した。28mm F3.5との付き合いはAuto Nikkor H 28mm F3.5を購入した時からで、オートニッコールの28mmは何本か購入しては手放した。現在残っているのはAi改の後期タイプのものだけとなった。オートニッコールの28mm F3.5は評判が良く、名レンズと言われているが、全くその通りのカリカリ描写を約束してくれる。最短撮影距離が長いのが残念なところで、そこがネックであまり持ち出さないようになったのだ。Ai Nikkor 28mm F2.8Sなど購入してしまっては、最短20cmの面白さに敵わないのだった。

市場にあふれるオートニッコール 28mm F3.5はおおよそ5千円くらいで購入できる。Ai連動環の無い中級機以下の機種にオートニッコールは物理的な干渉無く装着できるので持っていないなら是非おすすめだ。露出はテスト撮影で背面液晶で確認でき、ピントはF8 3mでパンフォーカスだから操作も楽ちん。

Ai Nikkor 28mm F3.5Sは伝統の28mm F3.5の最後の単焦点で、時代はズームレンズ全盛。あまり製造が伸びることなく終了となったため、中古市場でもタマ数は少な目だ。だからといってプレミアが付くこともなく、1万円くらいで取引されている。欲しいとは思っていたが、入手を焦ってはいなかったので、よい出物があるのを待って頭の隅に引っ掛けていたら妥協可能なほどの程度の良いものが出たので8年越しくらいでやっと購入できた。そのレンズが、これ。
a0304647_12756.jpg

前玉の大きかったオートニッコールとは異なり、スマートで現代的な姿となった。こういう欲張らないスペックのレンズは使い方によっては軽くて便利に使える。もう少しコンパクトなら、なお良いのだが・・。これは同種の地味レンズのAi nikkor 35m F2.8Sにも言える。
[PR]
by oblivion2077 | 2013-11-24 01:04
<< Nikon F5 最後のプロ用... NIKKOR-Q Auto 1... >>