Ai AF nikkor 20mm F2.8D

AF nikkor 20mm F2.8Dは初めて購入した超広角のニッコール。その時のメインカメラはD200で、超広角の画角を十分に楽しむ事は出来なかったが、画面周辺の色収差はソフト補正によりフィルムでは得られないスッキリとした画像で、その画質に感心したのを覚えている。

その後、シグマの20mm F1.8を使い、そして今はニッコールの20mm F1.8Gへとたどり着いた。しかし、コンパクトな20mmF2.8Dを見直し積極的に使用したいと思っている。

そこで気になるのがその性能 。今はD4をメインカメラとしているため、更に周辺画質が問われる事となるわけだけど、ネット上のレビューでは、周辺が流れ、絞っても改善しない、との書き込みが 。でも実際に撮影してみると、ムム、周辺の解像が悪い 。これはD200では描写されていない画面外の画質で、D4で初めて気がついた、と言うことだろうか。

コンパクトな20mmF2.8Dだけど前玉は大きく、フィルター径は62mm。もちろんフィルターは装着して前玉を保護している。でもじっと見てみると周辺程、画角内の光は斜めに前玉へと入射し、つまりはフィルターも斜めに通過するので、その分フィルター通過距離も長い。結果、フィルターの悪影響は周辺程大きくなっているはず。

試しにフィルターオン、フィルターオフを交互に撮影して比較してみると・・・、ああやっぱりフィルターが悪さをしてるわ。

20mmF1.8Gよりコンパクトで軽量な20mmF2.8Dに価値を見出だす事が出来そう。でも、ボディーモーターでジコジコAFは微妙。だからこそコンパクトに出来るんだけどね。



_
[PR]
# by oblivion2077 | 2017-07-01 00:17